薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうAGAについて理解していく

お悩みの薄毛問題を解消しよう!

多くの男性が悩みを抱えている問題として、薄毛が挙げられます。気付いたら抜け落ちている髪の毛たちに諦めるのはまだ早いです。最近ではAGAの治療や発毛技術などが発展しているので、薄毛の問題を解消していきましょう。

AGAを解消したい人はこちらをチェック!

メンズ

信頼できるクリニックを選ぶ

AGAを治療したいと思っても色々なクリニックがあり、どこに通って治療を行なえばいいのか迷ってしまいますよね。そんなときは、信頼できるクリニックの選び方を把握しておくと便利ですよ。この記事を参考にして、クリニックを選んでいきましょう。

READ MORE
鏡を見る人

AGAの治療法や注意点

AGAを治療する前に、どのような治療法があるのかをある程度把握していると、診察の際に便利ですよ。ここでは、代表的な治療法を紹介しているので、確認してみましょう。また、治療する際に知っていてほしいこともあります。

READ MORE

要注意!薄毛になってしまうまでの流れ

髪質が変わってくる

自分は薄毛にならないだろうと思っていても、気が付いたら毛が薄くなってしまっていることがあります。ここでは、薄毛になるまでの過程を詳しくチェックしていきましょう。まず、薄毛の第一段階に髪質が変化する点があります。髪がゴワゴワする、ぱさぱさするなどを感じ取ったら注意が必要です。

短くて細い毛が生えてくる

次に現在生えている髪の毛に紛れて、短くて薄い毛が生えてくるのが第二段階となります。あとから生えてきた毛はいつまでたっても成長せずに、ずっと短くて薄いというのが特徴です。この段階では気づく人はほとんどいないと言われています。

短くて細い毛が抜けていく

短くて薄い毛が抜け始めてきたら第三段階になります。この段階に入ると、シャンプーをしているときやブラシをしているときに毛が抜けてしまいます。長く成長しないで、抜けていくのでこのときも気づかないパターンが多いです。なお、枕などに短くて細い毛がたくさんあったら薄毛になっていると疑った方が良いでしょう。

現在生えている毛も抜けていく

最終段階では、現在生えている正常な毛がヘアサイクルにより抜け落ちてしまいます。通常だとヘアサイクルの影響で毛が抜けるのは問題ないですが、成長せずに抜けてしまった毛があるので、結果的に薄毛が目立ってしまいます。この段階で薄毛と気付く人が多いでしょう。

AGAになってしまう原因BEST3

no.1

薄毛に繋がる男性ホルモンの影響

薄毛になってしまうAGAを発症する原因で最も多いのが、男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる成分が関係しています。この成分が活発だと、正常な発毛にダメージを与えてしまい、薄毛となってしまうでしょう。

no.2

遺伝による影響

次に多いのが親の遺伝による影響です。もし、家族に薄毛が多い場合は要注意となります。抜け毛や薄毛を促してしまう成分に5αリダクターゼがあります。この成分が多いとAGAを発症しやすいと言われており、5αリダクターゼは遺伝性が非常に強いです。

no.3

生活習慣の乱れ

薄毛やAGAになってしまう原因として、生活習慣の乱れも関係していきます。脂っこい食事ばかり摂っている、睡眠不足、飲酒喫煙などを日常的に行なっていると、薄毛を助長してしまうのです。そのため、規則正しい生活を過ごすことが大事ですよ。

AGAについて知ろう

頭

薄毛になっているAGA

上手く発毛せずに抜け毛や薄毛になってしまう症状のことを「AGA」と呼んでいます。このAGAは成人男性になると発生する傾向が高くなります。症状としては、思春期を過ぎると生え際、頭頂部などの髪が抜けてしまうでしょう。

発生した際の特徴

もしAGAが発症してしまうと症状が徐々に進行していきます。そのため、最初の段階ではAGAと気付くことが少ないです。日が経つにつれて、生え際や頭頂部の抜け毛が目立ってくるでしょう。丈夫で長い毛が発毛しなくなり、産毛のような毛だけが残ってしまうのが特徴です。

進行を止めるには治療が必要

抜け毛や薄毛が問題となっているAGAですが、症状に気付いても病院やクリニックでちゃんとした治療を行なうことで丈夫な毛が発毛する可能性があるので、安心してください。最近では、博多地区や名古屋地区にAGAに特化したクリニックが増加しています。AGAかもしれないと疑った際には、まずクリニックに行きましょう。根気よく治療を継続することが大事ですよ。